想い

コンセプトは「受け継ぐ家具」

森からうまれたヒノキ家具は、
今、日本にある材料、日本ならではの材料でつくっています。

ヒノキはお寺や神社などに建築材料としてずっと使われてきた
とても丈夫な木。

丈夫なのに軽く、水に強く、美しい白さで、馴染み深い安らぐ懐かしい香りがある。
その特徴のどれも、古来から人々に愛され続けてきました。
ですが、ずっと家具の材料としては使われてきませんでした。

イスやテーブルなどの家具ははもともと、海外から伝わってきたもの。
ヒノキでつくられてこなかったのは、
強度や技術が問題ではなく、文化の問題でした。

ようびのヒノキ家具は、
光が当たった時、空間に存在している時
一番美しくみえるフォルムであることに
徹底的にこだわりました。

そのすべてが凛とした存在感を持ち、
柔らかな明るさがあります。

「ようびの日用品店」は
ようびのヒノキ家具をじっくりと見て、触れて、味わっていただける、
唯一の場所です。

ここから見えるのは、森と山と田んぼと空だけ。
聞こえるのは、水の音、鳥、虫、カエルの声だけです。

初めて、この風景を見たとき
ひとつのテーブルを囲んで笑顔が集まったり、
となりどうしの椅子で、ただ同じ景色を眺める時間を
世代を超えてすごす風景を思い描きました。

そして、日本の森から生まれた家具を使っていくことで
森がきれいになり、水がきれいになり、お米が美味しくなる。
そんな循環を、当たり前の風景にしたいのです。

ようびはこれからも、「やがて風景になるものづくり」を心に、つくり続けます。

「一生もの」よりも長い、「受け継ぐ」家具。
家庭で代々伝わっていく おみそ汁の味のように、
次の世代のくらしの中に当たり前に存在するようなものたち。

そこからうまれる「心地よい」「嬉しい」「美味しい」…
ポッとあかりを灯されるような
あたたかい繋がりがうまれる場所にしていきたい。

その為に、完全予約制になりました。

岡山県、西粟倉村の景色と空気を味わいながら、
これから使う家具のことを一緒に考えませんか?
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
Concept “Furniture to hand over”

Hinoki furniture born from the forest,
I am making materials made in Japan, materials that are unique to Japan.

Hinoki has been used as a building material for temples and shrines etc.
Very sturdy tree.

Although it is strong, it is light, water resistant, beautiful whiteness, familiar, comfortable and nostalgic fragrance.
None of its features have been loved by people since ancient times.
However, it has not been used as a material of furniture for a long time.

Furniture such as chairs and tables was originally introduced from overseas.

The reason why it has not been made of Hinoki,
Strength and technology were not problems, it was a culture problem.

hinoki furniture,
When light hits, when it is in space
To be the most beautiful form
I stick to it thoroughly.

Everything has a dignified presence,
It has soft brightness.

“Youbi’s Day Supplies Store”
Look at the hinoki cypress furniture carefully, touch it, you can taste it,
It is the only place.

Only forests, mountains, rice fields and the sky are visible from here.
Only sounds of water, birds, insects, and frog ‘s voice are heard.

When I first saw this scenery
A smile gathers around a table,
Next time in the chair, just time to see the same scenery
I imagined a landscape that will extend beyond generations.

And by using furniture born from the Japanese forest
The forest becomes clean, the water becomes clean, the rice becomes delicious.
I want to make such a cycle a natural landscape.

We continues to make with “heart-making that will eventually become a landscape” in mind.

Furniture “inherited” longer than “lifetime”.
Like the taste of miso soup passing through at home,
Things like existing in the course of the next generation’s life.

“Comfortable” born from there “happy” “delicious”

It is like lighting the lights.
I want to make it a place where a warm connection can be honored.

Therefore, it became a complete reservation system.

While tasting the scenery and air of Okayama prefecture, Nishi Awakura village,
Why do not you consider furniture to use together?